2010年03月31日

疾病予防対策で勧告機関の設置を提案−日医委員会(医療介護CBニュース)

 日本医師会の「公衆衛生委員会」(委員長=辻一郎・東北大大学院教授)は、このほど取りまとめた唐澤祥人会長への答申で、現在の疾病予防対策ではエビデンスと施策との間に大きなギャップがあると指摘。日医と日本医学会が共同で、科学的なエビデンスに基づいて勧告を行う機関を設置する必要があると提言している。

 同委員会は、唐澤会長から疾病予防対策の将来展望について諮問され、2008年8月から今年1月まで協議を重ねて答申を取りまとめた。

 答申では、「『健康ブーム』の陰で、国民の生活習慣と健康レベルが悪化しているという矛盾」があり、日医にとって「看過できない事実」との危機感を示した。その上で、日医が疾病予防と健康増進の拡充に向けた取り組みをさらに強めるべきだとして、(1)縦割りの法制度の枠を超えて、国民の健康視点から保健医療を総合的に一体化する(2)疾病予防に関する健康情報・エビデンスを集積し、吟味した結果に基づいて政策提言を行うとともに、国民全般にも情報提供を行う(3)疾病予防対策に要する費用・財源の確保に向けた取り組みを強化する―必要性を指摘している。

 (1)では、ライフステージの変化によって、地域保健や学校保健などさまざまな保健サービス間を移行するにもかかわらず、その制度間の連携は「不十分と言わざるを得ない」と問題視。制度ごとの縦割りの枠を超え、感染症対策、一次予防、二次予防、さらに介護予防までのさまざまな疾病予防対策を総合的に提供できる「かかりつけ医」の役割を重視している。
 (2)では、科学的なエビデンスを集積した上で施策を立案・提言する機関の設置を提案。日本医学会に加盟する各学会のエビデンスに基づくコンセンサスなどを基に疾病予防対策を提言することは「実現可能」との見方を示し、その体制整備に期待感を示している。さらに、専門家向けだけでなく、国民全般にも情報提供などを行うよう求めている。
 (3)については、自治体財政の悪化などにより、疾病予防に支出できる経費がさらに縮減される傾向にあり、「疾病予防対策は危機を迎えている」と指摘。日医が疾病予防の拡充に向けて、戦略目標や具体的方策、財源の確保などについて国に働き掛けていくべきと主張している。


【関連記事】
「結核に関する特定感染症予防指針」見直しへ
レセプト電子化の問題解決「強く訴えていくべき」−日医委員会
第28回日本医学会総会を来春開催
10年後の総合医数、「少なくとも医師の3割」
慢性痛対策や地域での疾病予防が必要―慢性疾患対策検討会

郵政改革「最終案」、首相が閣僚懇で調整指示(読売新聞)
母を追起訴=脳障害で5歳児死亡−神戸地検(時事通信)
自民若手有志が執行刷新を申し入れ(産経新聞)
首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」(産経新聞)
<強盗容疑>都立高教諭を逮捕 顔殴りバッグ奪う(毎日新聞)
posted by オチアイ マサハル at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

郵政問題などで閣僚懇談会開催へ 首相表明(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日午前の閣僚懇談会で、郵政改革法案や成長戦略、夏の参院選に向けたマニフェスト(政権公約)策定などを議論するため、近く全閣僚による懇談会を開催する考えを示した。ゆうちょ銀行の預入限度額引き上げをめぐる閣内の足並みの乱れが表面化したことを受け、閣内の結束を図るねらいだ。

 首相は「予算成立の次のステップに向けて意見交換する場を設けたい」と語った。テーマは郵政改革に限定せず、6月に策定する中期財政フレームについても議論する予定だ。

 政府はすでに原則週2回、閣議に続いて閣僚懇談会を開いている。新たな閣僚による懇談会の設置は「内閣不一致」との批判を避ける印象が強いが、平野博文官房長官は26日午前の記者会見で「閣内がおかしくなっているということはない」と述べた。

【関連記事】
総務相、遅刻の責任押しつけ? 課長ら4人更迭
郵政法案骨子で原口総務相「混乱と思わない」
よせばいいのに…亀井氏独走で閣内対立露呈
民主・小沢幹事長「参院選で必ず過半数は達成できる」
鳩山首相「1年生議員に仕分け人になれと言ってない」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<離任式>岸壁から「先生、ありがとう」 岩手・大船渡(毎日新聞)
JR西歴代3社長 起訴へ 遺族「これで言葉聞ける」(産経新聞)
【人】警視庁捜査1課長に就任 若松敏弘さん(57)(産経新聞)
北沢防衛相が哀悼の意 3人死亡の陸自演習場の野焼き事故で(産経新聞)
胴体に針金?食い込む、脚ひきずる野犬(読売新聞)
posted by オチアイ マサハル at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

<ホンヨモ!セッション>南沢奈央さん、読書の魅力語る(毎日新聞)

 読書の魅力や楽しみを語る「ホンヨモ!セッション」(毎日新聞社など主催)が21日、東京都千代田区の毎日ホールであり、女優の南沢奈央さん(19)が、本との出会いや読書のスタイルなどについて語った。

 読書に関心が高い中高生ら約150人が参加。聞き手は重里徹也・毎日新聞編集委員が務めた。

 南沢さんは東野圭吾さんや村上春樹さんら、愛読している作家や作品名を交えながら、読書によって自分の世界が広がったことを紹介。「なかなか実現できないですが、小説を書いてみたいです」と語り会場を沸かせた。

【関連ニュース】
南沢奈央:「ホンヨモ!セッション」で読書の魅力語る 21日、東京・毎日ホール 参加者募集
南沢奈央:19歳の素顔に迫るドキュメンタリー「10代最後のすっぴん」 au限定配信
堀北真希:大泉洋の「謎が邪魔」失言にダメ出し 「レイトン教授と魔神の笛」発表会
南沢奈央:「村上春樹にはまってる」 10代限定文学新人賞「蒼き賞」応援ガールに
南沢奈央さん:読書の楽しみ語る 21日に東京で「中・高校生のつどい」

【めざせ!ネイル美人】ピンク恋し春(産経新聞)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(4)俳優 國村隼さん(産経新聞)
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」(産経新聞)
元家裁書記官詐欺事件で懲役11年の判決 さいたま地裁(産経新聞)
甲府で桜開花、関東南部は4月下旬並みの暖かさ(読売新聞)
posted by オチアイ マサハル at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。